女の子の初正月に|初節句のお祝いに飾る雛人形【手頃な三段がおすすめ】
子供

初節句のお祝いに飾る雛人形【手頃な三段がおすすめ】

  1. ホーム
  2. 女の子の初正月に

女の子の初正月に

羽子板

よろこばれる伝統美

羽子板には実際に羽をついて遊ぶのに使うタイプのものと、飾っておくための飾り羽子板とがあります。飾り羽子板は、女の子の健やかな成長を祈って、生まれて初めてのお正月に飾れるように、祖父母などの親戚や親しい人が贈るならわしがあります。羽子板は邪気を「はね」のけるという意味がある縁起物なのです。ですから、女の子のご両親にまず喜んでいただけますし、その女の子が成長すれば羽子板の意味を知って、また喜んでくれることでしょう。縁起物としての意味合いだけでなく、飾り羽子板はその美しさももちろん喜んでもらえる特徴です。羽子板作りの職人さんたちが、匠の技を凝らして日本伝統の美を一品一品に込めています。そのようなゆかしさを新しい世代に伝えるという意味でも意味のある贈り物です。

サイズはさまざま

羽子板を選ぶときに、もちろんそのお子様にふさわしい美しさを備えたものを選ぶことが一番大切です。今はネット通販でも注文できますので、忙しい方やお店が近くにない方などでも、たくさんの品の中からじっくり見比べて好きなものを選ぶことができます。人形の顔の雰囲気や衣装の素材など、実に多彩な商品がそろっています。ただ、注意しておきたいのは、サイズがとても多様だということです。贈られる方の住宅事情などに合わせて、飾りやすいサイズのものを贈る心がけは必要になってきます。ネット上では見た目でサイズ感がわかりづらい面もありますので、縦、横、高さのサイズ表示を注意して見るようにしましょう。飾るスペースがとりにくい場合も飾れる、壁掛けタイプのものもあります。