女の子のための行事|初節句のお祝いに飾る雛人形【手頃な三段がおすすめ】
子供

初節句のお祝いに飾る雛人形【手頃な三段がおすすめ】

  1. ホーム
  2. 女の子のための行事

女の子のための行事

人形

由来

日本には様々な行事がありますが、「ひな祭り」も行事のひとつになります。別名は桃の節句とも呼び、これは平安時代を起源とする季節の節目に穢れを祓って、健康長寿や厄除けを願う五節句という風習があり、そのひとつです。由来は二つあり、紙で作った人形を川に流して自分の穢れを移して身代わりにし、厄を払った「流し雛」という風習と、平安時代の貴族のおままごとが結びついて、人の厄を身代わりする紙人形を作ったのが原型だとされています。室町時代になると人形は紙ではなく飾るものになり、上流階級の女の子の嫁入り道具の一つになったのです。ひな祭りは、江戸時代に女の子の節句として定められ、華やかさを増したものになったと考えられています。

人気のレシピ

ひな祭りには、女の子のお祭りとして様々なご馳走を用意するという人も多いです。手まり寿司やちらし寿司などの見た目も華やかな料理が人気となっています。すし飯を用意したら食べやすいサイズで軽く丸めておき、好きな刺身をも食べやすいように切ったら、ラップに刺身、すし飯を乗せて茶巾絞りのように形を整えると手まり寿司ができます。桜の形に切った魚肉ソーセージやレモン、大葉、木の芽などをトッピングしてもひな祭りらしく華やかです。すし飯を型に入れてベースを作り、刺身や薄焼き卵、大葉などでデコレーションをしてケーキに見立てたちらし寿司ケーキなども人気となっています。また、蛤のお吸い物やひなあられを取り入れることで縁起の良い食卓を作ることができます。